背景画像

保険診療

 

生活習慣病

生活習慣病(高血圧、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、肥満(メタボリック症候群))は、生まれつき持っている体質に、加齢や不適切な食事・運動不足などの悪い生活習慣が重なるために動脈硬化が進行して発症すると考えられています。

当クリニックでは、こうした内科疾患に対しても検査・治療を行っています。かかりつけ医として、一般の診療も行っておりますのでお気軽にご相談下さい。
また、企業健診、中央区の健診、東京都の予防接種なども各種行っています。

脳卒中

 

突然の頭痛やめまい、手足のしびれなどの症状は、意識はしっかりしていても脳卒中や脳神経疾患の可能性があります。
当院は、救急搬送や入院治療を扱っていませんが、脳梗塞、クモ膜下出血、脳出血、解離性脳動脈瘤や頸動脈狭窄などの診断とフォローアップを行っています。

AdobeStock_431635732.jpeg
AdobeStock_441761838.jpeg
AdobeStock_441761795.jpeg

頭痛・めまい・耳鳴り

当クリニックでは、MRIをはじめとした精密な検査・診断とお一人お一人に合わせた治療に努めています。
頭痛、めまい、耳鳴り、手足のしびれなどでお困りの方は、ぜひご相談ください。
当クリニックではその他にも脳・脊髄・神経の疾患全般を扱っております。
交通事故、労災も扱っております。

片頭痛(偏頭痛)・群発頭痛

片頭痛よく知られている頭痛ですが、この苦しみは経験した人にしかわかりません。

WHOにおいても、手足の麻痺や視覚障害のほか脳梗塞を伴うなど、日常生活に重度の支障をきたす疾患と位置づけられています。また、くも膜下出血や副鼻腔炎など、片頭痛によく似た別の頭痛も多いのです。


頭痛治療の第一歩は、専門医による診断から始まります。当クリニックでは、脳神経外科医が直接診察を行います。また、MRIをはじめとした最新の設備による検査を長く待たずにお受けいただけます。片頭痛治療薬のほか、神経ブロックなど片頭痛に効果のあるさまざまな治療法をとりそろえています。

片頭痛・群発頭痛・急な頭痛・慢性的な頭痛でお困りの方はぜひご相談下さい。
 

坑CGRP抗体ー新しい片頭痛治療薬-

重度の片頭痛患者さんのために、新しい治療薬が保険適用になりました。坑CGRP抗体と呼ばれる注射治療で、月1回の皮下注射を行います。当院はこの治療ができる保険診療機関です。

当クリニックでは、イミグラン(R)自己注射キットの管理指導も行っております。 群発頭痛に対する注射治療の有効率は特に高く、当クリニックは多数の件数を扱っております。

片頭痛

片頭痛

群発頭痛

群発頭痛

めまい

めまいを伴う病気には、メニエール病など内耳の疾患が代表的ですが、脳梗塞や脳出血、一過性脳虚血発作など脳の障害の場合もあります。 ふらふらする・自分が揺れているような気がする・嘔気を伴う・頭が重いなどの症状は、脳の病気を見つける手がかりになることもあります。


当クリニックでは、専門医による原因の正確な診断と、お一人お一人に合わせた治療に努めております。

急なめまい、持続性のめまいで不安をお持ちの方はぜひご相談下さい。

耳鳴り

急な耳鳴り、めまいを伴う耳鳴り、聴力低下を伴う耳鳴りは内耳の疾患のほか、聴神経や脳の疾患が原因で起こることがあります。聴神経腫瘍や脳梗塞、脳出血などです。


また、自分自身にしか聞こえない耳鳴りのほかに、外からも聞こえる耳鳴りがあります。それは血管雑音です。頸動脈の一部が狭くなっていたり、頭蓋骨内の動脈から静脈に直接血液が流入するために生じます。

これらは脳神経外科での診察、治療が必要になります。


当クリニックでは、MRIやABR(聴性脳幹電位)をはじめとした精密な検査と、専門医の診察による原因の正確な診断を行ったうえで耳鳴治療を行っています。耳鳴りで耳鼻咽喉科を何軒も受診したが少しもよくならない方、永年の耳鳴りでお悩みの方には数少ない専門病院で行われている効果的な治療法も自由診療で導入しています。

すべて外来通院で治療可能ですので、耳鳴りでお困りの方はぜひご相談ください。

脳腫瘍

悪性脳腫瘍のほか、良性脳腫瘍(下垂体腺腫、聴神経腫瘍など)の診断とフォローアップを行っています。

顔面神経麻痺

急にまぶたが閉じなくなり、口から水がこぼれるようになった等。

顔面神経麻痺は末梢神経が炎症を起こす場合のほか、脳疾患でも起こります。


当クリニックでは、顔面神経麻痺は治療が早ければ早いほど治癒率が高いため、受診当日に検査・治療を開始するように配慮しております。急性の顔面神経麻痺に対して効果的な治療を組み合わせており、ほとんどの方が後遺症なく治癒しています。また、閉眼不全による結膜炎(兎眼)に対しても眼科医と連携してケアを行っています。

頭部外傷

頭部打撲後に頭蓋内出血を知らずに放っておくと、後遺症を残したり命に関わることもあります。

頭部打撲直後にCT検査で異常がなかった場合でも、後で出血してくることがあります。これには、打撲後1~3日で出現するもの(遅発性頭蓋内血腫)と3週~2ヶ月で出現するもの(慢性硬膜下血腫)があります。


当クリニックでは、頭部外傷は出来る限り受診当日に検査ができるよう配慮しております。

頭部打撲後、頭痛・頭重感や吐き気が続く場合は、ぜひ早めにご相談ください。また、交通事故や労災も扱っておりますので、保険担当者に照会のうえ受診するようおすすめします。

頚椎症・神経痛など

慢性の痛みは辛いものです。内服薬や外用薬、鍼、温熱療法、マッサージなどではコントロール困難な痛みに対し、星状神経節ブロックや脊髄硬膜外ブロックを始め各種の神経ブロック治療を外来診療にて行っています。

【適応疾患例】

・慢性頭痛(片頭痛、群発頭痛、薬剤性頭痛)
・頚椎症(むち打ち、椎間板ヘルニア)
・神経痛(三叉神経痛、後頭神経痛、坐骨神経痛、肋間神経痛)
・顔面神経麻痺
・腰痛
・自律神経失調症
・耳鳴り

急性期、慢性期を問わずお困りの方はご相談下さい。神経ブロック治療はすべて予約制となります。